交通事故被害者

【どんな時に使える?】弁護士特約の使い方と利用できる優秀弁護士

交通事故の被害に遭うと、示談交渉で神経をすり減らして治療に専念できないという方が非常に多く見られます。重症で示談額も大きく見込めるといった場合には、弁護士に相談した方が費用対効果がよくなります。

「でもその費用についてよくわからないんだけど」と思っている方もいるかと思いますが、弁護士の費用は基本的に示談金の数%が弁護士への報酬となるため多く損をするということは考えられません。また、「弁護士特約」を使うことで、その数%も保険会社が補ってくれるのです。

ここでは、弁護士特約がどのような時に使えるのか?また、依頼できる弁護士について説明していきたいと思います。

弁護士特約のメリット

弁護士特約のメリットは、弁護士を雇う際の費用を相談料10万、最大300万円負担してくれるという点です(保険会社によって上限は異なります)。デメリットはありませんので、弁護士に相談する際は必ず使うようにしましょう。

ご自身の保険会社に確認する

弁護士特約というのは、保険会社によって、オプションで加入できるところが多く、加入していない場合は利用することができません。そのため、まずはご自身が弁護士特約が使えるかを保険会社に確認しましょう。

弁護士特約はどんな時に使える?

弁護士特約を使うタイミングは、事故が起こった直後から示談金交渉の真っ盛りまで、いつでも使うことができます。ただし、弁護士事務所によっては、依頼を受けるタイミングが「症状固定後」「後遺障害認定後」など、決まっているところもあります。また、利益が見込めないと判断できない場合は引き受けてくれません。事務所によって、示談金請求額によって報酬が定められているところが多いです。

どこに依頼することができるのか?

弁護士特約は、保険会社のオプションだから、保険会社から紹介してくれる弁護士しかつかえないのでは?これは多くの方が勘違いしていることなのですが、弁護士特約は、特に「ここでしかつかえない」という縛りはありません。保険会社から紹介があると思いますが、その弁護士の質は様々です。保険外からの提案を受けて弁護士に依頼すると、「交通事故専門ではない」「その弁護士とウマが合わない」という状況に陥ることもあります。そのため、紹介された弁護士がどういった弁護士なのかを確かめ、ご自身が納得できれば、その弁護士に依頼してもよいでしょう。もし、自分とウマが合わないと判断したならば、信頼できる弁護士を探すこととなります。「相談するときに、弁護士特約を使いたんですけど」と言えば対応してくれます。

弁護士特約が使える優秀な弁護士

当サイトが紹介している弁護士は、弁護士特約が使え、交通事故専門、成功型の弁護士です。多くの成功事例があり、とても信頼できるため、もし弁護士特約を使うことを検討しているのであれば、一度相談してみてはいかがでしょうか。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ