交通事故被害者

「目」の後遺障害等級と賠償金について

交通事故で「目」に障害が残っていると診断されたら 、どのように後遺障害を立証し、賠償金はどのように算定されるのでしょうか。

目の後遺障害とは

目も後遺障害は、大きく分けて「視力の低下」と「まぶたの欠損」に分類されます。後遺障害としては、以下が挙げらえます。

  • 視力障害
  • 調整機能障害
  • 視野障害
  • 運動障害
  • まぶたの欠損障害
  • まぶたの運動障害

自賠責基準では、裸眼ではなく、メガネやコンタクトをつけた際の視力で後遺障害を認定します。

視力障害

調整機能障害

等級内容
第1級1号両眼が失明したもの
第2級1号片目が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
第2級2号両眼の視力が0.02以下になったもの
第3級1号片目が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
第4級1号両眼の視力が0.06以下になったもの
第5級1号片目が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
第6級1号両眼の視力が0.1以下になったもの
第7級1号片目が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
第8級1号片目が失明し、または片目の視力が0.02以下になったもの
第9級1号両眼の視力が0.6以下になったもの
第9級2号片目の視力が0.06以下になったもの
第10級1号片目の視力が0.1以下になったもの
第13級1号片目の視力が0.6以下になったもの

視野障害

等級内容
第11級1号両眼の眼球に著しい調節機能障害(調節力が通常の2分の1以下となった)又は運動障害を残すもの
第12級1号片目の眼球に著しい調節機能障害(調節力が通常の2分の1以下となった)又は運動障害を残すもの

運動障害

等級内容
第9級3号両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
第13級3号片目に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

まぶたの欠損障害

等級内容
第10級2号正面を見た場合に複視の症状を残すもの
第11級1号両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害(眼球の注視野の広さが2分の1以下となった)を残すもの
第12級1号片目の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害(眼球の注視野の広さが2分の1以下となった)を残すもの
第13級2号正面を見た場合に複視の症状を残すもの

まぶたの運動障害

等級内容
第9級4号両眼のまぶたに著しい欠損(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができ得ない程度)を残すもの
第11級3号片目のまぶたに著しい欠損(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができ得ない程度)を残すもの
第13級4号両眼のまぶたの一部に欠損を残し(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度)又はまつげはげ(まつげのはえている周縁の2分の1以上にわたりまつげのはげを残すもの)を残すもの
第14級1号片目のまぶたの一部に欠損を残し(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度)又はまつげはげ(まつげのはえている周縁の2分の1以上にわたりまつげのはげを残すもの)を残すもの

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ