交通事故被害者

「RSD・CRPS」の後遺障害と示談金について

交通事故で「目」に障害が残っていると診断されたら 、どのように後遺障害を立証し、賠償金はどのように算定されるのでしょうか。

RSD・CRPSとは

RSD・CRPSとは

RSDとは反射性交感神経性ジストロフィーの略称で、骨折、捻挫、打撲等の外傷などを発端として慢性的な痛み・腫れ自律神経症状が持続することで運動制限や関節の拘縮が起こる症状をいいます。痛みは 外傷を受けた部分だけでなく、拡大するようなケースもあります。

体内では、外傷を受けると交感神経反射が起こり四肢の血管が収縮します。外傷の治癒によって交感神経の異常が無いと、交感神経反射が消失、血管は元の状態に拡張しますが、RSDの場合は、外傷の治癒後も、交感神経反射が消失せず、交感神経亢進状態が続くことで血管の収縮が維持されることとなります。

カウザルギーは、1本の神経や主要な分枝の部分損傷後に起こる手や足などの灼熱痛、アロディニア、痛覚過敏などの症状をいいます。

RSDとカウザルギーの違いは、比較的太い末梢神経の損傷を伴っているか、否かに収斂されます。比較的太い末梢神経の損傷があるものがカウザルギー、そこまでの損傷がないといえる場合をRSDとして区分しています。

RSDとカウザルギーを併せて、CRPS(複合性局所疼痛症候群)と総称されています。

また、RSDをCRPS Type I、CRPS(カウザルギー)をCRPS Type IIという呼び方もあります。

RSDの主な症状

RSDの症状は、疼痛、関節拘縮、腫張、皮膚色の変化が挙げられます。二次的な症状としては発汗の変化、皮膚温の変化 栄養障害、血管運動調節の不安定性などの症状があります。

CRPS(カウザルギー)の主な症状

カウザルギーの症状としては、激しい灼熱痛、手や足の機能低下、原因から予想される通常の痛みを超えた激しい痛み、着衣・微風の触感が痛みとなる、浮腫、皮膚色の変化などが挙げられます。

RSD・CRPSの後遺障害等級

交通事故による打撲等の比較的軽微な受傷によっても、受傷部位に激しい疼痛が残ってしまい、場合によっては疼痛に耐えられず切断してしまうようなケースもあります。

労災保険の認定基準では、RSDについて、①関節拘縮、②骨の萎縮、③皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)という慢性期における主要な3つの症状が、健康な方(健側)と比べて明らかに認められる場合に限り、カウザルギーと同様の基準により、7級、9級、12級のいずれかを認定すると定めています。

カウザルギーについては、疼痛の部位、性状、疼痛発作の頻度、疼痛の強度と持続時間および日内変動ならびに疼痛の原因となる他覚的所見などにより、疼痛の労働能力に及ぼす影響を判断して次のように等級認定を行う旨定めています。

等級内容
7級4号神経系統の機能又は精神に
障害を残し、軽易な労務以外
の労務に服することができな
いもの
9級10号神経系統の機能又は精神に
障害を残し、服することができ
る労務が相当な程度に制限さ
れるもの
12級13号局部に頑固な神経症状を残す
もの

等級認定のポイント

自賠責保険の実務上、診断書でRSD・CRPSと診断されており、RSD・CRPSに関連する症状が残っているケースについては医師に医療照会を行い、労災保険の認定基準にある、①関節拘縮、②骨の萎縮、③皮膚の変化の3要件を満たすかどうかになります。

  • ①関節拘縮については、関節機能障害で評価した場合の等級(上肢の関節機能障害、手指の関節機能障害、下肢の関節機能障害、足指の関節機能障害)を参考に判断されます。
  • ②骨の萎縮については、X-P、MRIによりその有無・程度を確認します。
  • ③皮膚の変化については、サーモグラフィー、発汗テスト等の検査結果を確認するとともに、健側と並べて撮影してもらった皮膚のカラー写真を確認します。
  • これらすべてを総合的に評価して等級認定がなされます。つまり、この3つのポイントの一つでも該当す場合、等級認定されることになります。

    RSDの賠償金事例

    Aさんは自転車で通勤途中、交差点にて後方から自動車にはねられて負傷してしまいました。
    右肩の痛みがとれずRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)と病院で診断されました。病院は、整形外科と麻酔科に通院されていました。
    Aさんは、労災保険の申請をどうするか悩んでおられましたが、弁護士と相談した結果、労災保険の申請をご決意されました。
    まずは第三者行為災害届の作成からとりかかり、休業も長い間されてました。そのため、相手側保険会社から休業損害の支払いも受けていました。
    また、休業特別支給金の申請をしていきました。休業給付の20%が、民事上の賠償金とは調整されずにAさんに支払われました。
    その後、障害給付支給請求書の作成にとりかかり、必要事項を記入し、事故3ヶ月前の給与明細書、タイムカード、事故1年前の賞与明細書のコピーの申請をしました。
    Aさんの主治医の先生に障害給付支給請求と記入依頼の文章をつけ、Aさん経由で証明を手続をされました。
    Aさんは、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)により右腕がほとんど動かない状態となっていましたので、担当の弁護士は5級の障害年金を狙っていました。
    障害申請の認定日から1ヶ月ほどで、「年金・一時金支給決定通知」がAさんのお手元に届きました。弁護士の狙い通り、5級の認定となりました。
    障害厚生年金の申請もされていましたので、労災保険の年金給付は支給調整率0.73がかかり、約100万円弱の年金額(原則終身支給されます)となりました。

    今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

    今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

    全国対応!賠償金3倍
    成功報酬型弁護士へ