交通事故被害者

後遺障害等級認定表

支払の対象となる損害内容支払の基準
逸失利益身体に障害を残し労働能力が減少したために将来発生すると考えられる収入の減少収入および各等級(第1~14級)に応じた労働能力喪失期間等により計算
慰謝料等精神的・肉体的な苦痛に対する補償等下記(1)の後遺障害1,600万円(第1級)、1,163万円(第2級)。なお、初期費用等として500万円(第1級)、205万円(第2級)が加算される
下記(2)の後遺障害1,100万円(第1級)~32万円(第14級)ただし、(1)および(2)の後遺障害において、第1~3級で被扶養者がいるときは増額される
等級慰謝料上限額(賠償金総額)等級慰謝料上限額(賠償金総額)
介護第1級1600万円(4000万円)第7級409万円(1051万円)
介護第2級1163万円(3000万円)第8級324万円(819万円)
第1級1100万円(3000万円)第9級245万円(616万円)
第2級958万円(2590万円)第10級187万円(461万円)
第3級829万円(2219万円)第11級135万円(331万円)
第4級712万円(1889万円)第12級93万円(224万円)
第5級599万円(1574万円)第13級57万円(139万円)
第6級498万円(1296万円)第14級32万円(75万円)
等級なし0万円

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ