交通事故被害者

加害者が保険未加入だったら誰に賠償金を請求すればいい?

迷惑なことに、また運が悪いことに、交通事故の加害者が自動車保険に入っていないというケースは起こりえます。この場合は一体誰に賠償金を請求すればよいのでしょうか?

加害者が保険未加入者だったら場合は誰に賠償金を請求できる?

通常、保険に入っていれば保険会社に賠償金を請求することになりますが、保険未加入者の場合には、直接加害者に賠償金を請求することになります
。ただし、保険未加入者の場合でも、人身事故なら自賠責は適用されます(限度額まで)。また、壊れた車両についても基本的には加害者に請求することとなりますが、自分の保険会社で車両保険に入っている場合は、自分の保険を使うこともできます。ただし、これを使う場合には、保険の等級が3ダウンすることは認識しておきましょう。

賠償金を請求できるのはココ

  • 人身事故の場合は治療費等を自賠責に請求できる(限度額まで)
  • 故障した車両の物損請求は加害者または自分の車両保険
  • 自賠責を超えた額は全て加害者に請求できる

死亡や、後遺障害を負ってしまうような事故であれば、とても自賠責で補うことはできません。通常は自賠責を超えた額を保険会社が負担することとなりますが、保険未加入の場合は、全て加害者に請求することとなります。

当人同士で解決できるレベルでないなら裁判へ

損害が軽いのであれば、解決方法として示談交渉という手段がありますが、後遺障害認定された、または死亡してしまった場合には、とても当人同士で示談金を決めることは難しくなります。この場合は、正当な賠償金の判断を裁判所にしてもらうことが一番ではないでしょうか。

問題点となるのが支払い能力

保険未加入の加害者に車両を治すような資産があるのか?という問題があります。また、分割にしたとしても支払い能力がなければ意味がありません。この場合は、裁判の判決や、示談交渉が成立したとしても、額が大きくなると回収までに苦労することになります。そして最終的に被害者が泣き寝入りするケースも多いのではないでしょうか。もし、回収が困難な場合は、最終手段として強制執行の手を使うことも検討しましょう。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ