交通事故被害者

事故に遭ったら確認したい基礎知識

交通事故で自分の保身のために加害者が嘘をつくことは、残念ながらよくあることです。この嘘を確固たる証拠で反論するためにはドライブレコーダーが最も有効となります。 ドライブレコーダーの必要性 交通事故の証拠は、警察の現場検証が最も力を持ちます。ただし、現 […]

ご家族が交通事故の被害に遭われ、意識不明または判断力の低下により、本人が賠償金請求ができない状態になってしまった場合、被害者本人の財産管理が法的に認められた「成年後見人」が交渉や請求をできるようになります。 成年後見人申し立ての必要性 交通事故の損害 […]

交通事故で同時に複数の車両に跳ねられてしまった場合、被害者は誰に賠償金を請求することができるのでしょうか? 賠償金は過失割合で決まる 原則として、被害者に複数の車両が接触して死傷を小和てしまった場合、被害者の賠償金を、加害者同士で過失割合で割って支払 […]

交通事故の被害に遭い、加害者の車両が盗難車だった場合、誰に賠償金請求ができるのでしょうか? 所有者も責任が発生する 盗難車を運転していた加害者はもちろん賠償責任が発生しますが、実は盗難車の所有者も責任が発生することがあるのです。これは「盗難されなけれ […]

交通事故には「民事上」「刑事上」「行政上」の3つの責任があります。それぞれ、どのような状況で、どの責任を負うのかを説明していきたいと思います。 交通事故の3つの責任 民事上の責任 刑事上の責任 行政上の責任 交通事故を起こすと、この3つのうちどれか1 […]

単独事故を起こしてしまった場合、助手席やその他運転者以外の搭乗者は、誰にどのように賠償金を請求することとなるのでしょうか? 搭乗者は被害者となる? 単独事故で運転手以外の搭乗者が死傷してしまった場合、搭乗者は被害者として扱われます。よって、運転手に賠 […]

仕事中に交通事故に遭ってしまい、労災保険法の傷病等級に認定されると、傷病保証年金を受け取ることができるようになります。 傷病補償年金とは? 療養開始後1年6ヶ月を経過した日以後において、負傷や傷病が治らず、その程度が労災保険法の傷病等級に認定されると […]

人身事故に遭い治療を受けると、病院から「交通事故は健康保険が使えないんですよ」と言われる場合があります。ですが、本来は交通事故の治療で会っても健康保険を使うことはできます。ではなぜ病院は自由診断にしようとするのでしょうか?また、このように言われて健康 […]

初めて交通事故に遭い、賠償金について調べてみると、「賠償金」「示談金」「慰謝料」という言葉が出てきて、「一体どうゆうこと?」と困惑する方も多いかと思います。ここでは、そんな問題を解決するべく、3つの関係性について簡単に説明したいと思います。 この3つ […]

初めて交通事故に遭う方はこの4つの保険の関係性を知らないと、どこに何を請求したら良いのか、またどの保険を使ったほうがよいのかわからないかと思います。知らずに損をしている可能性もありますので、基本である4つの保険の関係性について知っておきましょう。 4 […]

1 / 212

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ