交通事故被害者

【分かりやすく教えて!】交通事故の民事上、刑事上、行政上の責任とは

交通事故には「民事上」「刑事上」「行政上」の3つの責任があります。それぞれ、どのような状況で、どの責任を負うのかを説明していきたいと思います。

交通事故の3つの責任

  • 民事上の責任
  • 刑事上の責任
  • 行政上の責任

交通事故を起こすと、この3つのうちどれか1つの責任を負うという決まりはなく、民事上と刑事上の2つの責任を負ったり、3つすべての責任を負うこともあります。

民事上の責任

民事上の責任とは、交通事故によって損害を受けた人へ損害を賠償する責任のことです。交通事故の加害者(過失割合がある)となると必ずこの責任が発生します。また民事上の責任には「民法による賠償金の責任」と「自賠法による損害賠償の責任」があります。

  • 物損事故・・・民法709条による損害賠償責任
  • 傷害事故・・・民法709条および自賠法による損害賠償責任
  • 死亡事故・・・民法709条および自賠法による損害賠償責任

簡単に言うと、損害を与えてしまったら、その損害にたいしてしっかりと補償しましょう。という責任です。

刑事上の責任

飲酒運転などの危険な運転を行い交通事故で死傷を与えてしまうと、「自動車運転過失致死傷罪」が適用され、刑事上の責任を問われることとなります。検察官の起訴により略式または正式な裁判にかけられます(ほとんどが略式裁判)。その結果「懲役」か「罰金」の刑罰を言い渡されることとなります。交通事故を起こして刑務所に入るケースも考えられますので、交通事故を甘くみてはいけませんね。

行政上の責任

行政上の責任とは、交通違反と同じように違反点が課せられます。違反点が課せられると、点数によっては免許の停止、取り消し処分を受けます。また、点数分の反則金を納付しなければなりません。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ