交通事故被害者

複数の車に跳ねられた場合は誰に賠償金を請求するの?

交通事故で同時に複数の車両に跳ねられてしまった場合、被害者は誰に賠償金を請求することができるのでしょうか?

賠償金は過失割合で決まる

原則として、被害者に複数の車両が接触して死傷を小和てしまった場合、被害者の賠償金を、加害者同士で過失割合で割って支払うこととなります。つまり、事故の過失割合がAさんが80%でBさんが20%だとします。この場合、賠償金総額が100万円だとしたら、Aさんに80万円、Bさんが20万円を請求することができます。

Aさんに支払い能力がなかったら

仮にAさんが保険会社に加入しておらず、支払い能力がなかった場合、Aさんに請求した全額が支払われない可能性があります。実はこのような場合、一旦Bさんに全額賠償金を請求し、後日BさんがAさんに80%分を請求するという解決方法が取れるのです。交通事故に遭った被害者は賠償金をAさんBさんどちらにも請求することができるということです。

過失割合でもめて解決できない場合

加害者同士が過失割合でもめて、被害者が板挟みに合うこともよくあることです。特に一方が保険会社に加入していないとなると三者の三つ巴となります。被害者自身が示談交渉の場に立たず保険会社か、損害が大きければ弁護士に示談交渉を代行するのがおすすめです。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ