交通事故被害者

ドライブレコーダーが確固たる証拠となる!設置のすすめ

交通事故で自分の保身のために加害者が嘘をつくことは、残念ながらよくあることです。この嘘を確固たる証拠で反論するためにはドライブレコーダーが最も有効となります。

ドライブレコーダーの必要性

交通事故の証拠は、警察の現場検証が最も力を持ちます。ただし、現場検証で全ての状況がわかるものではありません。現場検証でわかることは、事故痕跡の事実であり、実際の事故状況を100%知ることはできません。そして、事故の原因となった過失割合を決めるのは警察ではなく当事者同士の合意(裁判の場合は裁判所の判断)となります。

過失割合を有利にしようとして、加害者が嘘の供述をすることもあり、それを確実に防ぐためにドライブレコーダーの証拠が有力となります。ドライブレコーダーは確実に事故状況を映し出しますから、嘘の供述も一切通用しません。裁判でも確固たる証拠となるので、どちらが有利になるかではなく、事故の事実によって過失割合が割り出されることとなります。

ドライブレコーダーで示談交渉がスムーズになる

交通事故で、事故の状況が曖昧な被害者と過失割合でもめると、加害者が思っている事実と、被害者が思っている事実が異なるケースがあります。どちらも嘘を言っているわけではないのに意見が異なります。「自分は絶対にこうだった」と言い合っても押し問答となるだけで証拠がなければ収集がつかなくなるでしょう。そこでドライブレコーダーを設定していれば、事故の状況を確かめることができ、当事者のどちらが間違っているのかを明確にすることができます。これにより示談交渉がスムーズに進みます。

自分自身を守るためにドライブレコーダーを設置しよう

ドライブレコーダーは交通事故で自分自信を守るために必要となります。ドライブレコーダーを設置するメリットはあっても、デメリットはありません。交渉で不利になるリスクを回避するためにも、設置することをおすすめします。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ