交通事故被害者

【交通事故の4つの保険】自賠責保険、健康保険、労災保険、任意保険の関係性

初めて交通事故に遭う方はこの4つの保険の関係性を知らないと、どこに何を請求したら良いのか、またどの保険を使ったほうがよいのかわからないかと思います。知らずに損をしている可能性もありますので、基本である4つの保険の関係性について知っておきましょう。

4つの保険の関係性と特徴

  • 自賠責保険・・・義務化された保険であり最低限の補償
  • 健康保険・・・治療の際に健康保険を使うか選択できる
  • 労災保険・・・仕事中に事故を起した際に選択できる
  • 任意保険・・・加害者が任意保険に入っていれば、任意保険に賠償金請求ができる

4つの保険の選択パターン

  • 自賠責保険
  • 自賠責保険 + 健康保険
  • 自賠責保険 + 任意保険
  • 自賠責保険 + 健康保険 + 任意保険
  • 労災保険
  • 労災保険 + 任意保険

健康保険を使う際は、「第三者行為による傷病届」を必ず提出しましょう。通常治療費は加害者が負担するのが原則ですが、業務上や通勤災害によるものでなければ、健康保険を使って治療を受けることができます。この場合、加害者が支払うべき治療費を健康保険が立て替えて支払うこととなります。後日、協会けんぽが害者に対して健康保険給付した費用を請求する際に「第三者行為による傷病届」が必要となりますので、提出を忘れずに行いましょう。

自賠責保険

自賠責保険のみが適用されるケースは、加害者が任意保険に入っていない場合です。この場合は、最低限の補償が自賠責から支払われ、それを超える賠償金は直接加害者へ請求することになります。また、治療に健康保険を使わないので、治療費が全額自賠責負担となり、場合によっては上限を超えてしまうでしょう。軽傷の場合は、自賠責保険だけで対応できますが、後遺障害等級が認定されるほどの怪我や死亡する事故には限度額を超えるケースが多い為、直接加害者へ請求することとなります。

自賠責保険 + 健康保険

治療に健康保険を適用することによって、自賠責保険の負担が減ります。自賠責保険の負担が減るメリットとしては、自賠責の枠(上限額)を休業補償や長期的な入通院費用に回せるということが挙げらえれます。逆に、治療費を全額自賠責保険に請求すると簡単に上限額まで達してしまい、それ以降は加害者へ請求または自腹となってしまいます。

自賠責保険 + 任意保険

治療費に健康保険を使わず自由診療し、自賠責の上限に達した分は任意保険に請求するパータンです。これは入通院の期間によって健康保険を選択するかしないか検討する必要があります。軽傷で入通院が短いのであれば、健康保険は使わないでもよいかと思います。入通院が長い場合には、治療費が自賠責保険の上限を超えますので、その分を健康保険が負担します。この際、健康保険の負担が大きい場合は、治療費の打ち切りを早い段階で打診してくることがあるので、治療に専念したい場合は健康保険を使用したほうが良いでしょう。

自賠責保険 + 健康保険 + 任意保険

「自賠責保険 + 任意保険」で書いたように、長期間の入通院が必要の場合には、健康保険を適用することで任意保険の負担を減らし、それにより任意保険からの治療費打ち切りが伸びる場合があります。長期間入通院する場合には、保険会社の方から健康保険を使うように言われることが多いです。ただし、健康保険を使うデメリットとして病院の利益が少なくなります。それが影響して診断がずさんになってしまわないかという心配も少なからずあるでしょう。また、病院側は、「交通事故の怪我は任意保険が使えません」と言ってくるところもありますが、交通事故の怪我でも任意保険は使えますので、適用するように言いましょう。

労災保険

労災保険は、通勤や仕事中に交通事故に遭ってしまった際に適用することができます。仕事中に事故に遭ってしまった場合は、労災保険の他に自賠責保険を適用するという選択肢もあります。また労災保険を適用する際は、自賠責保険と任意保険を使うことができません。また、労災保険だけのケースになるのは、加害者が任意保険に入っていなかった場合です。この場合は労災保険の上限まで補償されますが、それ以降の賠償金等は、加害者に直接請求することとなります。

労災保険 + 任意保険

通勤、仕事中に交通事故に遭ってしまい、加害者が任意保険に入っているパターンです。この場合は、労災保険の上限額を超えた賠償金等は、加害者の任意保険に請求することができます。また、この場合も労災保険ではなく、自賠責保険を適用するか選択することができます。状況によってどちらを使うか検討しましょう。

以上が、4つの保険の関係性とパターンになります。各保険がどのようになっているのか理解することができれば、自分の場合はどのパターンを選択するかを選ぶことができます。ただし、労災保険ではなく自賠責を選択する際は注意してください。損することがない保険の適用を目指しましょう。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ