交通事故被害者

交通事故の示談金と慰謝料、賠償金の違いとは

初めて交通事故に遭い、賠償金について調べてみると、「賠償金」「示談金」「慰謝料」という言葉が出てきて、「一体どうゆうこと?」と困惑する方も多いかと思います。ここでは、そんな問題を解決するべく、3つの関係性について簡単に説明したいと思います。

この3つを簡単にいうと

  • 賠償金(損害賠償金)とは、被害を被った埋め合わせ金のこと
  • 示談金とは、加害者側との交渉によって決定される賠償金の総額のこと
  • 慰謝料とは、賠償の一部であり精神的苦痛を補償すること

賠償金とは

賠償金とは、加害者から被害を被った被害の埋め合わせ(補填)です。交通事故の賠償金には、人身損害と物的損害の二つに分かれます。

  • 人身損害の賠償金
  • 物的損害の賠償金

2つの賠償金は何が違うの?

人身損害の賠償金には、治療費や慰謝料、逸失利益が含まれますが、物的損害の賠償金にはそれらはそれらは含まれません。物的損害の賠償金には車両の修理や買い替え費用といったものが含まれ、これらは人身損害には含まれません。つまり、交通事故に遭った場合は、この二つの損害を分離して考えます。そのため、人身事故の場合は、物的損害の賠償金と人身障害の賠償金の2つの賠償金を請求することができるのです。

示談金とは

示談金とは、加害者側と被害者側が示談交渉によって定められた賠償金のことです。加害者が保険会社に加入していれば、保険会社と交渉することとなります。そのため、保険会社が提案してきた示談金に納得が行かなければ、交渉を続けることができ、お互いの妥協点が見つかれば交渉成立(解決)となり、お互いが決めた賠償金が支払われるということになります。「

慰謝料とは

慰謝料とは、精神的な苦痛に対しての損害賠償です。慰謝料は人身事故でなくては受け取ることができません。物的損害の事故では、精神的・肉体的に損害を与えているとは言えないため、特殊なケースを除き慰謝料を請求することはできません。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ