交通事故被害者

病院に交通事故の場合は健康保険は使えないと言われた

人身事故に遭い治療を受けると、病院から「交通事故は健康保険が使えないんですよ」と言われる場合があります。ですが、本来は交通事故の治療で会っても健康保険を使うことはできます。ではなぜ病院は自由診断にしようとするのでしょうか?また、このように言われて健康保険適用を拒否された場合は、どのような対処法をとればよいのでしょうか?

病院が健康保険が使えないと言ってくる理由

本来は健康保険が使えるのに、なぜ病院は「使えない」と言い張るのでしょうか?それは、「病院が利益を出したいから」です。健康保険で治療を行うと「1点=10円」なのに対し、自由診療(保険を使わない)で治療を行うと「1点=20円(病院による)」となります。つまり、健康保険を使われるよりも、自由診療の方が2倍も儲かるということになります。悲しいかな病院も商売ですので、利益を上げるために「交通事故では健康保険が使えない」と言ってくるのです。ちなみに労災保険で治療を行うと「1点=12円」となります。病院にとって、一番利益が出るのが自由診療となるのです。

健康保険と自由診療のメリットデメリット

健康保険のメリット

健康保険を使うメリットとしては、単純に治療費が安くなることです。これにより保険会社の負担が減るため、早期に治療費打ち切りをしてくることもなくなります。『第三者行為による傷病届』を出す必要はありますが、これを提出することで後々治療費は戻ってくる(全国健康保険協会が後に加害者側に請求する)ので必ず届けるようにしましょう。

自由診療のメリット

健康保険の方がメリットがあるんじゃないか?と思われますが、実は自由診療にもメリットはあるんです。それは、医者がしっかりと診てくれることと、治療の幅が広がること(自由診療のみで治療ができるような項目は殆どない)の二点です。これをメリットと捉えるのであれば、自由診療にするという判断もできますが、多くの方は健康保険の使用にメリットを感じるのが普通でしょう。

健康保険が使えないと言われた時の対処法

医者に健康保険が使えないと言われたら、まず「使えるはずなので使えます」といいきることです。どうしてもできないと言われる時は病院を変えたほうが良いかもしれません。これで押し切って、医師が診断に手を抜かれても困ります。ここに関しては、ご自身の判断となりますが、あまりにも酷いようでしたら病院を変えることも検討するべきでしょう。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ