交通事故被害者

単独事故での助手席(搭乗者)の5つの賠償金請求方法

単独事故を起こしてしまった場合、助手席やその他運転者以外の搭乗者は、誰にどのように賠償金を請求することとなるのでしょうか?

搭乗者は被害者となる?

単独事故で運転手以外の搭乗者が死傷してしまった場合、搭乗者は被害者として扱われます。よって、運転手に賠償金を請求することができます。ただし、搭乗者に過失(搭乗者が原因で事故を起こした)がある場合には賠償金が減額されます。

どのような保険から補償を受けることができる?

  1. 自賠責保険
  2. 運転者が加入している任意保険の対人賠償保険
  3. 運転者が加入している任意保険の人身傷害補償保険
  4. 運転者が加入している任意保険の搭乗者傷害保険
  5. 搭乗者自身が加入している任意保険の無保険車傷害保険

自賠責保険

自賠責とは、交通事故により被害者が死傷した際に最低限の補償をしてくれる保険のことです。単独事故により搭乗者が死傷した場合、搭乗者は被害者となるため自賠責が適用されます。ただし、自賠責の補償限度額は3,000万円となっいるため、それを超えた分の賠償金は運転手へ直接請求することとなります。

対人賠償保険、人身傷害保険、搭乗者障害保険

運転手は、自賠責を超えた賠償金を負担する必要がありますが、保険会社の「対人賠償保険」「人身傷害保険」「搭乗者損害保険」に入っていた場合は、加入している保険会社が負担してくれます。

対人賠償保険

対人賠償保険は、交通事故により他人に対して死傷させてしまった場合、自賠責を超えてしまった額を全額補償してくれる保険です。運転手がこれに入っていれば、保険会社が全額負担してくれるため心配はいりません。ただし、あくまで「他人」が対象となるため親族は認められません(自賠責では親族でも認められますが、任意保険では認められない)。

人身傷害補償

人身傷害補償は、交通事故により搭乗者に対して死傷させてしまった場合、過失割合にかかわらず全ての損害を補償してくれる保険です。対人賠償保険と違い、親族も対象範囲となります。

搭乗者損害保険

搭乗者損害保険は、交通事故により搭乗者に対して死傷させてしまった場合、自賠責の上限を超えた賠償金を一定額まで負担してくれる保険です。

支払われる保険金の名称契約金額に対する支払限度額の割合契約金額が1,000万円の場合
死亡保険金100%1.000万円
座席ベルト装着者特別保険金30%300万円
後遺障害保険金4~100%40~1,0000万円
重度後遺障害特別保険金10%100万円

さらにこれを超えてしまうと、加害者である運転手に直接請求することとなります。

搭乗者自身が加入している任意保険の無保険車傷害保険

運転手が保険未加入だった、あるいは加入していたが保険金が不足している場合に、搭乗者自身が無保険車両傷害保険に加入していれば、2億(2億で設定している会社が多い)を上限として不足金を補償してくれます。


今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ