交通事故被害者

後遺障害等級が認められた時の示談交渉について

後遺障害等級が認められた場合、どのような示談交渉となるのでしょうか?

後遺障害等級認定の示談交渉

後遺障害等級認定の示談交渉では、その等級数によって対応が変わると言えるでしょう。等級が高くなればなるほど、とても示談交渉で済ませられるような賠償金額ではなくなるからです。数千万円という賠償金をご自身の判断で妥当であるか調べることは難しいため、このような場合はいきなり裁判としたほうが、最終的に得られる利益は大きくなります。逆に、等級が小さい場合は示談交渉で済ませる方が費用対効果が良いといえます。

保険会社と裁判では賠償金額に差がある

保険会社が提示する賠償金と、裁判の判決で決まった賠償金には大きな差が出る場合があります。これは等級が大きければ多いほど差がつきます。その理由として、それぞれの計算基準が違うためです。保険会社には保険会社の計算基準(会社によって異なる)があり、裁判基準より低く設定されています。このため、等級が高ければ、最初に保険会社から提示された賠償金と比較して2倍になるケースも珍しくはありません。

等級が高い場合は裁判へ

等級が高く、保険会社から提示された賠償金の額が妥当であるかわからない場合は、弁護士を雇って裁判にしたほうが利益は大きくなります。「妥当であるかわからないから正当な額が知りたい」という理由でも裁判をすることが可能です。この際、弁護士を雇うこととなりますので、交通事故専門の弁護士を雇うようにしましょう。弁護士の選び方についてはこちらをご覧ください。

弁護士に関するページ

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ