交通事故被害者

【主婦でも貰える?】主婦の逸失利益計算方法

逸失利益は通常基礎収入から計算されますが、給与所得がない主婦はどのようにして計算されるのでしょうか?後遺症逸失利益と死亡逸失利益について見ていきたいと思います。

主婦の基礎収入の計算方法

各逸失利益の計算は、基礎収入をもとにするため、まずは主婦の基礎収入を割り出す必要があります。

給与所得がない主婦の場合でも基礎収入を計算することができます。この場合は、賃金センサスを基礎収入として計算します。賃金センサスとは、厚生労働省の年齢、性別別の収入平均統計です。つまり、主婦として金銭の対価を受け取っていたわけではないので、具体的な収入計算ができないため、平均値を基礎収入とする考え方です。

また、仕事(パートを含める)をしている主婦の場合は、その仕事の収入の法が賃金センサスよりも高い場合は、仕事の収入を基礎収入として計算します。

賃金センサス

後遺症逸失利益

後遺症逸失利益とは簡単に言うと、「事故に遭わなければ得らたであろう利益」です。この算定方法がこちら

図 基礎年収×労働力喪失率×労働力喪失期間に対するライプニック係数

後遺症逸失利益の詳しい算定方法はこちら→

死亡逸失利益

次に死亡利益ですが、これは「被害者が生きていれば得られたであろう利益」です。後遺症逸失利益との違いは、死亡の場合は100%所得がなくなるので、労働能力喪失率は100%となります。ただし、これに生活費を差し引いた金額になります。

図 年収×就労可能年数に対するライプニック係数×1-生活費控除率

死亡逸失利益の詳しい算定方法はこちら→

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ