交通事故被害者

【無職でも貰える?】無職、失業者の休業損害(補償)の計算方法

所得がない無職や失業者の場合は、休業損害を計算するのでしょうか?

無職や失業者は休業損害が認められるの?

休業損害とは、実際に交通事故によって減ってしまった収入に対する補償であり、実際の収入源がない場合は、原則として失業中の場合には休業損害は認められません。

ただし、事故前に就職が内定していて、具体的に仕事に就く可能性が高かったと考えられる場合や、就職活動を行っていた(事故がなければ就職していた可能性)などの事情があれば、休業損害が認められるケースもあります。

無職や失業者でも休業損害が認められるケース

  • 就職活動中だった
  • 内定が決まっていた

このようなケースでは、書面できちんと証明できる場合に限り、休業補償が認められることがあります。

無職の休業補償の計算方法

  • 内定が決まっている場合には、得られるはずだった給与額、または賃金センサスを参考に基礎収入を割り出します。
  • 就職活動中だった場合には、失業前の収入や賃金センサスを参考に基礎収入を割り出します。

この基礎収入を元に計算することができます。

図 日額基礎収入 × 休業日数

このように、無職でも休業補償が認められるケースがありますが、就労の確実性が高くない場合には、賃金センサスを基準としても、ある程度減額されてしまう傾向にあります。

確定申告をしていない個人事業主

確定申告をしていない個人事業主も無職として原則休業損害は認められませんが、収入があることを証明することで休業損害が認められるケースもあります。個人事業主の休業損害をご覧ください。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ