交通事故被害者

後遺障害等級認定の異議申し立ての成功率を上げる申請方法

交通事故の後遺障害が残るような人身事故の被害に遭ってしまった場合、後遺障害等級を申請することができます。ただし、必ずしも申請した等級で審査が通るとは限らず、後遺障害等級自体が認められないケースや、申請した等級よりも低いと判断されるケースがあるのです。

この際、認められた等級に納得がいかなければ、再び申請をすることができます。これを異議申し立てというのですが、結果は覆るのでしょうか?またどのようにしたら覆せるように申請ができるのでしょうか?ここでは、後遺障害等級認定の異議申し立てについて説明していきたいと思います。

後遺障害認定は異議申し立てによって覆るのか?

後遺障害認定につて、異議申し立てができるということは、等級を覆すことができるということなのですが、残念ながら異議申し立てで認定を覆すことは難しいのが現状です。ただ、納得がいかないという理由だけで異議申し立てしてももちろん認定されることはありません。

異議申し立てが成功する可能性が高い事例

  • 初回の申請で書類に不備があった
  • 初回の申請で診断項目が正しく記入されていなかった
  • 治療期間が少ないタイミングで初回申請をした

これらの場合には、資料から正しい等級を判断することができずに、本来の数字ではない等級となっている可能性が大きいため、異議申し立てによって等級を上げられる可能性が高いといえます。逆に、しっかりと準備したのに等級が低く認定された場合には、異議申し立てによって等級が上がる可能性は少なくなります。

納得のいく後遺障害認定を得られる異議申し立ての方法

等級を覆すことは難しいことですが、上記のようにしっかりと資料を揃えれば異議申し立てが成功する可能性は上がります。異議申し立てが成功ケースとしては、1回目の申請が資料不足で等級が低いと判断された場合に、異議申し立てで関係書類をしっかりと提出することにより成功することです。また、この際に自分自信で資料を揃えるのではなく、行政書士や弁護士などに相談しながら書類を作ってもらうと成功率をグンと上げることができます。

異議申し立ての成功率を上げるためには、専門知識が必要となる

後遺障害認定の申請には、交通事故や治療、書類の書き方などの専門知識が必要となります。また、成功率を上げる書き方というのも、行政書士であれば知っているため、理想は行政書士に相談して書類を代行してもらうことです。この異議申し立てで、賠償金の額が全く違うものとなるため、それに比べて代行費用が高いか安いかをご自身で判断して検討してみることがおすすめです。

異議申し立て、行政書士に代行したほうが良いケース

異議申し立てや、行政書士に代行を任せた方が良いケースとしては、「後遺障害等級が高い」ときです。等級が2と3では賠償金の額に大きく差が生まれます。これであれば、労力をかけて再審査をした方が、最終的に得られる賠償金は多くなるでしょう。あとは、ご自身が、現在の等級を上げるために労力や費用をどれくらいまで掛けられるか?という点となります。

異議申し立てのデメリット

再審査のデメリットは、審査期間に3ヶ月を要するという点です。異議申し立てをしてから、等級が認定されるまでに3ヶ月かかるため、それまでもちろん示談金の交渉もストップされます。示談金交渉がすでに成立しているのであれば問題はありませんが、交渉が伸びることで解決が遅れるため、これを踏まえた上で異議申し立てを検討していきましょう。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ