交通事故被害者

自分の車を補償する車両保険の特徴と加入の必要性

自動車保険には入っているけど、車両保険には入っていないという方は多いのではないでしょうか?ここでは、車両保険の特徴と加入の必要性を考えていきたいと思います。

車両保険って何?

車両保険とは、単独事故などを起こした際に、自分自身の車両を修理する際に使用することができます。これに入っていなければ、単独事故で故障した際に保険会社に修理してもらうことができず、実費での修理となります。

車両保険を使用するケース

単独事故だけでした使用できなければ、入るメリットとしては少なすぎます。他にも様々なケースで使用できます。

  • 単独事故
  • 相手が保険に入っていない場合の事故
  • 他者の車両での事故
  • 駐車での当て逃げ
  • 車両にいたずらされた
  • 駐車でこすってしまった

このように、車両保険で補償される範囲は意外と広いのです。これなら入っておいて損はありませんね!ただし、軽くこすられただけで毎回毎回修理を頼めれたら保険会社もやって入られません。もちろん、車両保険にはいるデメリットもあります。

車両保険に入るデメリット

負担が大きい

素晴らしいメリットの車両保険ですが、一点だけ難点があります。それは、加入すると月々の月額費用が上がってしまうことです。この幅は車種やドライバーによりますが、1年間で見ると1万も2万も差が出るため、これが嫌で車両保険に加入していない人が多いかと思います。入らない理由はこれしかないでしょう。

使用すると月々の負担が増える

この月額費用は、車両保険を使用すると増加されます。事故等で車両保険を使うと保険会社の等級が下がり、月々の支払い負担が上がってしまうのです。そのため、かすり傷程度で車両保険を使ってしまうと、マイナスになってしまいます。

車両保険に入ったほうがいいケース

このような人は車両保険に入ったほうが良いでしょう。

  • 運転が下手
  • 高級車に乗っている
  • 事故の被害に遭ったら過失割合でもめたくない
  • 他者の車をよく運転する

車両保険に入らないほうがいいケース

逆に、このような方は車両保険に入る必要はないかと思います。

  • 格安で買った中古車
  • 月額費用が上がるより故障したら修理費が自腹でもよい

車両保険に入るかは、ご自身の金銭面と運転の仕方によって変わってくると言えるでしょう。車両保険は保険会社によっても費用が異なるため、見積もりを取ってなるべく安いところに加入したいですね。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ