交通事故被害者

自損事故保険と無保険車傷害保険の特徴と加入の必要性

「単独事故で怪我をした」「加害者が無保険で支払い能力がない」というときに使えるのが「自損事故保険」と「無保険傷害保険」です。ここでは、2つの保険の特徴と、どのようなケースで使用できるかを確認していきたいと思います。

自損事故保険の特徴

自損事故保険とは、電柱などにぶつけたなどの単独事故を起こし、運転者または同乗者が死傷し、自賠責保険などの補償が適用されないときに保険金を請求することができます。車の修理は車両保険になるため、自損事故保険では請求することはできません。

自損事故保険を使用するケース

  • 自損事故で運転手が怪我をした
  • 自損事故で同乗者が怪我をした

自損事故を起こした場合は、同乗者には自賠責保険が適用されますが、本人である運転手には適用されません。そのため、自損事故保険により、自損事故を起こした運転手にもある程度の補償をしてくれます。同乗者が怪我をした場合は、基本的に自賠責で対応されます。

無保険者障害保険の特徴

無保険者障害保険とは、交通事故の被害に遭い、加害者が保険未加入で賠償金の支払い能力がない場合に使用されます。条件は死亡または後遺障害が認定された場合に限ります。各保険の相場としては、2億を限度額に定めているところが多いようです。

無保険者障害保険を使用するケース

  • 加害者が保険未加入であり、被害者が死亡または後遺障害認定された

この2つの保険は自動的に付けられる保険が多い

保険会社にもよりますが、この二つ、またはどちらか一つは保険加入時に強制的に入れさせられる会社が多いようです。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ