交通事故被害者

保険会社から治療打ち切りを打診された時の対処法

入通院が長引くと、保険会社から「これ以上治療費を補償することが難しい」と言われることがあります。この時、保険会社にどのような対応を取ったら良いのでしょうか?

保険会社が治療費打ち切りを打診してくるタイミング

保険会社から治療費打ち切りの連絡がくるのは、だいたいその症状でこの期間治療しているのだったら「症状固定(これ以上治療しても効果が見込めない)」しているだろうと判断するときです。保険会社にも多くの事例があり、この症状であれば、このくらいで症状固定するというデータはあって当たり前でしょう。そこで、症状に対して治療期間が長いと判断すると、治療費の打ち切りを打診してくるということになります。

打ち切りを長引かす交渉の判断

  • 症状固定がされていれば交渉は難しい
  • 症状固定されていなければ交渉する余地がある

症状固定がされているか?が打ち切り交渉ができるかの判断となります。

症状固定しているか?を確認しよう

保険会社が治療費の打ち切りを打診してきたら、医師に「保険会社から治療費の打ち切りを打診された」「自分は症状固定しているのか?」を確認しましょう。そして、医師が「もう症状固定していますね」と判断された場合には、治療費の打ち切りを交渉することが難しくなるでしょう。もし「まだ症状固定がされていないので治療が必要です」と言われたら、それを交渉材料にして治療費の補償を長引かせることができます。

診断書に症状固定がされていないと書いてもらう

通常、医師の診断書は、毎月保険会社に送られているため、現在どのような状態であるかは把握しているはずです。もし症状固定されていないのに治療費の打ち切りを打診してくる場合は、診断書に現在の症状がどうであるか明記されていない可能性があります。そのため、診断書に「症状固定がされていない」ことを書いてもらい、保険会社に伝えてもらうようにしましょう。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ