交通事故被害者

損害賠償や慰謝料の相場と基礎知識

加害者に賠償金を請求できる金額はどのように決まり、どこが増減のポイントなのでしょうか。示談・裁判関わらず賠償金が増減するポイントは2つあります。 1.過失割合で賠償金が減額される 過失割合とは、簡単にいうと「どちらが原因で事故を引き起こしたのか」の割 […]

交通事故の際に建物や物損した場合、損害賠償は請求できるのでしょうか。 今回は交通事故の物損した場合の損害賠償についてお話しします。 建物物損の損害賠償請求はできるのか? 交通事故で建物物損が発生した場合、損害賠償は請求できます。 ただし、建物によって […]

営業用の自動車が事故にあった場合、どんな損害が認めらるのでしょうか。 今回は営業車の交通事故についてお話しします。 休車損害とは 営業用自動車(緑ナンバーなど)が運行不能となった場合、代替用の車両やレンタカーの利用、あるいは備車による下請発注などによ […]

交通事故による廃業してしまった事例は少なくありません。 では、廃業の損害賠償はどうなっているのでしょうか。 今回は交通事故による廃業についてお話しします。 交通事故のせいで廃業したらその分損害賠償はもらえるの? 交通事故のよって廃業に追い込まれた場合 […]

ひき逃げの件数は毎年1万件以上あります。近年減少傾向があるようですが、件数的にはまだまだ多いでしょう。 そんな中、ひき逃げにあった場合、誰に請求すればいいのでしょうか。 今回はそのひき逃げについてお話しします。 ひき逃げにあった場合、損害賠償の先は […]

交通事故で被害に遭ってから、症状固定していない状態で再度交通事故に遭ってしまうことは実はよくあることなのです。この場合、誰にどこくらい賠償金の請求ができるのでしょうか? どこまでがどちらの責任か分からない 一回目の怪我が悪化または別の箇所に怪我を負っ […]

単独事故で運転手本人が死傷してしまった場合、誰にどのような損害賠償請求ができるのでしょうか? 単独事故で賠償金請求できる保険 自損事故保険 人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険 単独事故の場合は、運転手本人が加入している保険会社の上記3つの保険を適用する […]

後遺障害等級が高く、重度の後遺症の場合には将来介護費が認められます。将来介護費を請求できると賠償金が大きく跳ね上がります。ではどんな筐体で将来介護費が認められて、具合的な賠償額はどのくらいなのでしょうか? 将来介護費が認められるケース 将来介護費は、 […]

後遺障害1級、2級のような重度の後遺障害が残ってしまった場合、損害賠償が大きな額となります。総額で1億以上の賠償金が請求されることも珍しくはありません。また、重度後遺症の場合は認められる損害賠償項目も増えていきます。 損害賠償の項目 治療費 入院付添 […]

傷害慰謝料と後遺症外慰謝料の2つは聞いてことがあるけど、どのような違いがあるのでしょうか?また、2つの慰謝料を受け取ることは可能なのでしょか? 傷害慰謝料とは? 傷害慰謝料とは、症状固定する前の「入通院慰謝料」の事です。したがって、症状固定されたら支 […]

1 / 3123

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ