交通事故被害者

単独事故で運転手が死傷した場合の3つの賠償金請求方法

単独事故で運転手本人が死傷してしまった場合、誰にどのような損害賠償請求ができるのでしょうか?

単独事故で賠償金請求できる保険

  • 自損事故保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害保険

単独事故の場合は、運転手本人が加入している保険会社の上記3つの保険を適用することで損害を補償してもらえます。よって、請求先となるのは、自身の保険会社となります。ただし、これらの3つは保険会社によってはオプション加入となっているため、入っていなければ損害を補償してもらえません。また、単独事故は被害者とならないため、自賠責保険は適用されません。

自損事故保険

自損事故保険は、電柱や壁の衝突といった単独事故によって運転手が死傷してしまった場合に、一定額の補償をしてくれる保険です。また、この保険は停車中の車両に衝突した際の死傷にも適用されます。

保険内容金額
死亡保険金1,500万円
医療保険金(限度額100万円)入院日額 6,000円
通院日額 4,000円
後遺障害保険金事故により後遺障害が生じた場合に支払われる
50~1,500万円(後遺障害等級による)
介護費用保険金重度の後遺障害で介護が必要である場合に支払われる
200万円~350万円(後遺障害等級による)

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、単独事故に限らず搭乗者(運転手本人も含める)の損害を、過失割合に関係なく全て補償してくれる保険です。単独事故であっても、治療費はもちろんのこと、休業補償は慰謝料、逸失利益が補償されます。

搭乗者傷害保険

搭乗者保険は、運転手を含む搭乗者の損害を一定額補償してくれる保険です。単独事故でも適用されますが、この3つのうちもっとも低い補償額となります。

支払われる保険金の名称契約金額に対する支払限度額の割合契約金額が1,000万円の場合
死亡保険金100%1.000万円
座席ベルト装着者特別保険金30%300万円
後遺障害保険金4~100%40~1,0000万円
重度後遺障害特別保険金10%100万円

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ