交通事故被害者

加害者と被害者の保険会社が同じで示談交渉が平行線になる対応策

交通事故の被害に遭い、過失割合や示談交渉をする際、加害者と被害者の保険会社が同じだと会社同士で示談交渉ができません。この際、納得のいく示談交渉を獲得するためにはどのような対処が必要となるのでしょうか?

同じ保険会社だとなぜ示談交渉できない?

加害者と被害者の保険会社が違えば、保険会社同士の闘い(交渉)ができるのですが、保険会社が同じだと社内で「闘う」のではなく「どう処理するか?」といったやりとりに変わってしまいます。そして、会社側は示談金を少なくするように共闘して被害者を説得しようとするケースが多い様です。

説得されて泣き寝入りする被害者が多い

これでは、加害者側も被害者側の保険会社も「敵」となりかねません。味方のはずの自分の保険会社から「この示談金が妥当です。これで和解しましょう。」と言われたら納得できなくても手の打ちようがありません。このように、味方が一人もいなくて途方に暮れ、両者に圧力をかけられてやむなく示談書にサインしてしまう被害者が非常に多いのです。示談交渉は交通事故や法律の知識ものをいうため、知識が薄い被害者が説得されてしまうのもしかたがないことだと言えるでしょう。しかし、このような時代にも対応策はあるのです。

同じ保険会社だった場合の対応策

保険会社同士で示談交渉をさせても到底納得のいく示談金が得られるとは思えませんし、交渉させるだけ無意味でしょう。この場合、保険会社同士で交渉をさせるのではなく、自分自信で交渉を行うか、弁護士に交渉を代行してもらうことが打開策となります。

弁護士を雇った方が圧倒的に有利となる

このような場合に弁護士に依頼するメリットは3つあります。

  • 味方をつけることができる
  • 状況を一気に打開できる
  • 裁判・弁護士基準で交渉できる

精神的にも味方がいないという状況で一人で闘いに挑むよりも、「味方」になってくれる人がいた方が安心して交渉に挑むことができるでしょう。そして、なにより平行線になっている示談交渉を、保険会社の「敵」が現れることで事態を打開することができます。弁護士は、保険会社基準よりも高い賠償金の算定を行い交渉に挑むため、必然的に示談請求額が上がります。自分自信で交渉を続けていくことが難しいと判断した場合は、弁護士に相談してみることをおすすめします。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ