交通事故被害者

タクシーの交通事故で首の頚椎がズレてしまった示談金トラブル「体験談」

事故の内容

夜に自転車でゆっくりと車道の端を走行している時、後ろから来たタクシーにはねられました。その時のことは気を失っていたので記憶が曖昧なのですが、どなたか歩行者の方が警察を呼んでくださり、警察の方が救急車を呼ぼうとしたので格好悪いので止めて、ボロボロの自転車を押して帰りました。携帯の画面が割れていたのと足や腕に擦り傷がたくさん残りました。半年間接骨院でマッサージと整形外科で電気治療を行い、痛みを和らげる薬を処方され服用していました。MRTでは首の頚椎の何番目かがずれていたようです。

示談金の内容

最初は90万円ほどで提示されました。金額には全く納得がいかなったです。

提示金額が不満だったので、元々損害保険会社に勤務していた友達に相談しました。その友達が代理人になってあげると言うので、私は事故にあった所が学校に通うために半年間の予定で住んでいた住民票がある所とは別だったので印鑑証明やらなんやらを遠方の役所から入手するという大変な作業が必要でした。その甲斐があり友達のお陰で50万アップの再呈示がありました。

事故や示談交渉で辛かった事

まずは体の痛さが私を苦しめました。そのうち眠れなくなり、そのために睡眠薬を服用し起きれなくなったりしました。学校に通うために来た場所で事故に遭い、その学校も起きれずに行けなくなり孤独な場所でのこの状況に精神的に落ち込むようになりました。さらに自転車でどこかに行くのさえ怖くなり出かけなくなり引きこもるようになり、ついにはアルコールに頼るようになりました。

事故から解決までの流れ

まず事故現場に警察が来て事故を記録しました。その後保険会社から連絡がありこれからの話をしたあと半年の治療が開始し、半年終わる頃に保険会社から示談金の呈示があります。ここで納得が行かず代理人の交渉の後、示談金アップ。その後わりとすぐに振り込みがありました。

交通事故の被害に遭われた方へアドバイス

保険会社というのは当然加害者の味方なので被害者の味方になることはなく、おかしなことを言ってきたり事故に関して素人の被害者を言いくるめようとしています。事故に遭い体も心も落ち込み弱っている時に慣れない人と交渉するのなんてとっても辛いことだと思います。私みたいに偶然詳しい友達がいるとは限りませんので、自治体の無料相談や、交通事故なら無料相談を設けている弁護士さんもたくさんありますから、そんなところに相談したほうがいいです。それと自分だけが不幸だと思わないで、生きているだけまだいいと考えて欲しいです。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ