交通事故被害者

人身事故に遭ってしまったらまずやらなければいけないこと

人身事故に遭ってしまった場合はどのような対応を行えばよいのでしょうか?ここでは、「被害者が有利になる」対応方法をご紹介したいと思います。すでに被害遭って、対応済みの方は、ご自身が不利になるような対応方法をしていないかをご確認いただき、間に合うのであれば対応を修正しましょう。

人身事故に遭ってしまった時の流れ(比較的被害が軽い場合)

  1. 警察を呼ぶ
  2. ご自身が加入している保険会社に連絡する
  3. 相手の連絡先を聞く
  4. 人身事故であることを警察に伝える
  5. 病院に入通院する

被害が重い場合は、被害者が上記のような対応ができないため、全て加害者が行います。保険会社には後日連絡ができるようになったら連絡しましょう。

(親に聞く)ここで気をつけなければならいないことが、人身事故であることを警察に伝えることです。事故が軽い場合は被害者が人身事故にはしたくないと言ってくる場合もあるため、軽くても怪我をしているのであれば人身事故としたほうが被害者にとっては有利になります。人身事故にしなくても加害者側の保険会社が治療費等を払ってくれるのですが、もし保険未加入者だった場合は、全て加害者へと請求することとなります。もし人身事故で届け出を出してるのであれば、治療費等を自賠責保険で補うことができるため(上限120万まで)、加害者が治療費を払わないといった問題を回避することができます。そのため、入通院が必要となる場合は、人身事故で届け出を出しておくと有利となるでしょう。

また警察に伝えるときは、正確に状況を伝えましょう。ここで加害者と意見の食い違いがあると、後々過失割合でもめてしまうため、ここで自らの主張をしっかりしておくべきでしょう。もし、こちらが不利になるようなことを言ってしまったのであれば、「あの時は混乱していて」と加害者や保険会社に早めに状況を伝えることをおすすめします。

今後の流れ

症状固定まで治療を続ける

交通事故でなんらかの怪我を負ってしまったら、症状固定まで入通院をして治療をする必要があります。症状固定次第で、示談交渉に移るか後遺障害等級の申請になるかが決まります。

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

今すぐ無料相談 !着手金0円で成功型 !交通事故専門の弁護士はこちら!!

全国対応!賠償金3倍
成功報酬型弁護士へ